はだの・湯河原温泉「万葉の湯」
大山登山のあとははだの・湯河原温泉 万葉の湯に行ってきたよー
実は招待券をいただいたので、せっかくだから山登りのあとにサッパリして帰ろうと
伊勢原から登って蓑毛に下りるルートにしたのでした

秦野駅からは無料のシャトルバスが出ているけど、この日はすでに
最終のバスが出ちゃったあとだったので秦野駅から徒歩で行きました
徒歩でも10分ぐらいなので無問題よ ♪〜(´ε` )

秦野駅から万葉の湯に向かう途中に弘法の清水という湧き水スポットを見つけたよ
auショップの手前の路地をちょっと入った所です

130824_31.JPG

なんとびっくり名水百選でした

水量は豊富で、夜だったのに水を汲みに来てる人が何人かいたよ
やわらかくておいしいお水です

130824_32.JPG

いわゆる日帰り温泉施設っぽくない外観ですな

宿泊施設もあるので、ここに泊まって朝早くから山に行くのもアリ

130824_33.JPG

料金は大人ひとり¥1,890とちょっとお高め。

靴は専用のロッカーではなく、靴用のバッグに入れて脱衣所のロッカーに入れます

130824_34.JPG

料金にはバスタオル、フェイスタオル、浴衣or作務衣の料金が含まれているので
山登りに余計なお風呂セットを持って行く必要はナッスィング!

ヌケ子は作務衣にしたけど、女性用の浴衣は何種類かあって好きな柄を選べるよ

館内での精算は全てバーコード付きのロッカーキーで行うので
休憩の時におサイフを持ち歩く必要もナッスィングよ

mannyou_6.jpgmannyou_3.jpg
mannyou_2.jpgmannyou_4.jpg

※浴室内の写真は撮れないのでHPから画像をお借りしました

お風呂の種類は大浴場(内風呂)、露天風呂、ひのき風呂(こっちも露天)、サウナが2種類
あとは貸し切りの家族風呂もあるよ(別料金)

源泉は毎日湯河原から専用のタンクローリーで運んでくるそう。
泉質はナトリウム・カルシウム−塩化物・硫酸塩泉 弱アルカリ性 低張性 高温泉
オバチャソの日焼けした肌にも優しいw、さらっとしたお湯でした

ヌケ子は熱いお風呂が苦手なので、すこしぬるめの露天風呂でのんびり〜(´∀`)

洗い場はたくさんあって、シャンプー、コンディショナー、ボディーシャンプー、
フェイスウォッシュはもちろん、基礎化粧品もたくさん、ブラシ、かみそり、あかすりまであったよ
クーラーボックスに氷&メンソール入りのひんやりシャンプーまであった(゚д゚)!

そしてお風呂のあとはもちろん・・・

mannyou_5.jpg

※こちらも画像お借りしました

お食事処で・・・

130824_35.jpg

これでしょ!

すでに飲んでるしw

130824_36.jpg

天ぷら盛り合わせ

130824_37.jpg

サラダ

130824_38.jpg

手作りとうふ!

食べ物もすごくおいしくて、わんぱくな食いしん坊にもうれしいボリューミィさよ
な氏はこのあと親子丼まで食べてたし

帰りは秦野からロマンスカーでバビューンできてすごくよいです
次は登山の前に前泊したいなヾ(*´∀`*)ノ



あとはアレね、ヒルなんですには気をつけまっしょい・・・orz




【湯河原の温泉を秦野で】 はだの・湯河原温泉 万葉の湯

万葉倶楽部 万葉の湯 モニプラサイトファンサイト参加中


お出かけ comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://nukegara5103.jugem.jp/trackback/655
<< NEW | TOP | OLD>>