調味料の基本といえばやっぱり塩。でも塩って食材にまんべんなく振るのは結構難しいんだよねえ。サラサラの塩ならともかく粗塩だと1箇所に固まってついちゃったりして。そのためだけにサラサラの塩を買ってくるのもアレなので、いっそいつも使っている塩を液体にしてしまいましょう

 

材料

○日本酒…大さじ6

○塩  …大さじ1

 

ー鬚髪を保存容器に入れ、溶かす

 

以上w

 

魚の切り身やお肉も、ただ保存するより酒塩をまぶして保存した方が鮮度が落ちないし、日本酒の効果で身もふっくらとおいしくなります。下味だけではなく料理の味付けにも使えるよー。きのこの酒蒸しなんかもこれで作ると旨味が増しておいしいです

 

もうちょっとなにかしたかったら昆布を1かけ入れてみるとより旨味がアップしますが、その場合は冷蔵庫保存してくださいな(基本は常温でおkです)

 

※市販の料理酒には塩分が含まれている場合があるので、塩分が含まれていない日本酒を使ってください

 

応用編

 

・肉や魚の保存に

・肉や魚の臭み取り、下味に

・料理の味付けに

 

 

□■□


にほんブログ村 料理ブログ 二人暮らし料理へ
調味料と言えるのかしら
 

コメント
ヌケさん、本を出せるのでは?! ホントすごいねえ。
お酒は、「料理のための清酒」ってあるよね。私結構あれが好きです。

いつもブログに一言アドバイスみたいなの見て「ほお〜」と思います。よく実行しているのは魚の下処理(っつっても水分拭いて、塩してラップで冷凍するくらいだけど)。これだけは疲れててもやっていましたが、酒塩にすればいいのね。
  • by チウチウ
  • 2017/07/28 2:05 PM
チウチウさん

いやいや、パクリばっかなので(ヾノ・∀・`)ムリムリ

「料理のための清酒」、味もいいし、2口の小さいペットボトルが秀逸なんだよね〜
私あのペットボトルに他の安いお酒詰めて再利用してるもの(笑)

酒塩は本当に便利だよ〜
お酒のチカラってすごいよねえ
  • by ヌケガラ
  • 2017/07/31 12:01 PM
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL