3/2 ねぎタン塩・鶏天と下仁田ねぎのかき揚げの晩ごはん

b170206_1.jpg

 

・ねぎタン塩 ※牛タンはもらいもの

 ねぎ塩→長ねぎ、塩、砂糖、こしょう、ごま油

・ちくわと根菜煮(ちくわ、れんこん、こんにゃく、にんじん)

 だし汁、かえし、ざらめ

・サラダ

・ごはん

・お味噌汁(大根、油揚げ)

 

今日は大ねぼうしたったのでお弁当はありません。最近ええ感じで起きられてたのに力尽きたw

 

この牛タンはパピィから貰った伊達の牛たん本舗のものです。そのままじゃつまんないので焼肉屋さんぽくねぎ塩をつけてみたよー。やっぱり牛タンにはねぎ塩だね。あとはテキトーな煮物とテキトーなサラダですこぶるテキトーに。

 

□■□

 

b170215_1.jpg

 

・鶏天(鶏むね)

 天ぷら粉

 下味→酒、にんにくしょうがじょうゆ、塩、こしょう

・下仁田ねぎのかき揚げ(下仁田ねぎ)

 天ぷら粉

・厚揚げのそぼろ煮(厚揚げ、豚ひき肉)

 だし汁、かえし、酒、ざらめ、しょうが、水溶き片栗粉

・野沢菜漬と亀戸大根たまり漬 ※買い

・ごはん

・お味噌汁(じゃがいも、わかめ)

 

ねぎつながりでいつかの晩ごはんをもういっちょ。以前お店で下仁田ねぎのかき揚げを頼みましてね。おいしかったんだけど、そこは塩で食べる方式だったのよねー。いったいいつから天ぷらには塩でしょ(笑)みたいな文化になったのかしら。ああ嘆かわしい。かき揚げには天つゆでしょうが!と、思う!(チキンw)

 

意識高くない私は水筒に忍ばせて持ち歩きたいぐらい天つゆが好きなので、家でB級品の下仁田ねぎをかき揚げて思う存分天つゆをつけて食べてやりました。天つゆの割合はかえしとだし汁1:4。やっぱり天つゆこそ至高。

 

そして本場大分では鶏天をぽん酢とからしで食べるというのを聞きかじったので試してみたら、なるほどおいしい!こんなに鶏むねに合うならちくわにも合いそうなので今度試してみようと思います。

 

□■□


にほんブログ村 料理ブログ 二人暮らし料理へ
士郎と五郎
 

家ごはん comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://nukegara5103.jugem.jp/trackback/1166
<< NEW | TOP | OLD>>